デジタル・アーキビストとは | 特定非営利活動法人日本デジタル・アーキビスト資格認定機構

各事務局のご案内へ お問い合わせへ
デジタル・アーキビストとはタイトル

デジタル・アーキビストとは

デジタル・アーキビストとは、文化資料等のデジタル化についての知識と技能を持ち合わせ、文化活動の基礎としての著作権・プライバシーを理解し、総合的な文化情報の収集・管理・保護・活用・創造を担当できる人のことです。

上級デジタル・アーキビスト

デジタル・アーカイブの計画および開発能力のある者
デジタル・アーキビストとしての能力を持つとともに、さらに文化情報の構成(データベースの記録項目も 含め)、説明、カテゴリー、索引語(シソーラス)などの、 メタデータの基礎資料の作成及び計画から利用 までの指導ができる高度な専門性をもつ人材。

デジタル・アーキビスト

デジタル・アーカイブ制作能力のある者
文化資料・活動の文化的な理解・評価ができ、記録、データベース構成、管理、流通などの計画、実施、 情報活用を行うとき、知的財産権(著作権含め)、プライバシー、情報管理、索引語、情報メディア処理等に したがい、入力からアプリケーションまで責任を持って対処できる専門性をもつ人。

準デジタル・アーキビスト

デジタル・アーカイブ化の基礎能力がある者
博物館・図書館・市町村やメディア関連の商店・企業で、各種の情報、特にデジタル・アーカイブズの流通や 利用が進みだしている。これらに係る情報の記録・管理や必要な情報を取り出すことができ、知的財産処理の 能力をもち、情報提供等に責任をもって対処できる人材。

デジタルアーカイブ・コーディネータ

広くデジタル・アーカイブのコーディネート能力(活用支援能力)のある者
地域の文化活動、サークルなどでの文化情報収集や文化創造活動において、情報の記録、保存、流通を行う とき、情報活用、著作権、プライバシー等の基本的な知識をもち、文化情報の管理、流通に責任をもって、 担当できる人材。
このページのトップへ
| トップ | 機構について | 養成機関 | デジタル・アーキビストとは | 資格取得・更新 | 認定試験 | よくあるご質問 | 事務局 | お問い合わせ |
Copyright © NPO法人日本デジタル・アーキビスト資格認定機構. All Rights Reserved.